地盤調査
先端技術の探査機器で地盤を徹底調査。
地盤の不安を未来にわたり取り除きます。
地盤調査は予備調査から現地周辺調査、現位置調査の3段階で行われます。
予備調査では、地形図、土地条件図をチェックし、宅地に造成される以前の土地状態を把握します。次に、建設予定地の土地周辺を実際に見て回り、近くに不同沈下を起こしている家屋はないかなど、細部にわたる項目をプロが綿密に調べ上げます。
最後の現位置調査では、先端機器を駆使して予定地の地盤の支持力や地耐力を調べます。まず、貫入法を用いて、機器を地中に差し込み、地中の状態を見ます。
地層が硬く、貫入法では調べにくい地質だった場合は、体感できないほどの微小な振動を起こし、その振動で地盤の性質をくまなく調査します。
長く快適に暮らし続けられる住まいのために、万全の調査を行い、将来にわたる安心をここからつくりはじめます。
[現位置調査]
スウェーデン式サウンディング試験
スウェーデン式サウンディング試験 世界で最も普及している調査方法のひとつです。鉄製のロッドの先に抵抗力(スクリューポイント)を取り付けおもりをのせて回転・貫入し、地盤の強度を調査します。
ボーリング調査
ボーリング調査とは、質量63.5kg.±0.5kg.のドライブハンマー(通称、モンケン)を76cm.±1cm.の高さから自由落下させてボーリングロッド頭部に取り付けたノッキングブロックを打撃し、ボーリングロッドの先端に取り付けられた標準貫入試験用サンプラーを規定貫入量である30cm.打ち込むのに要する打撃回数(=N値)を求める調査です。
[ボーリング調査]
ボーリング調査
調査結果をもとに地盤をくまなく解析。
最適な基礎仕様と地盤づくりをご提案します。
調査によって集められた詳細なデータは、経験によって培われた独自のノウハウと技術をもって、徹底的に解析されます。解析された結果と対応策をもとに、詳細な調査データや現場写真を添付した『地盤調査報告書』を作成します。その内容にもとづき、建設予定地に最も適した基礎仕様を提案します。また、調査・解析の結果、地盤改良が必要と判断した場合は、お客様の了承のうえで工事を行います。その後、どんな工事を行い、どう改良されたのかを詳細に綴った『改良工事報告書』を提出し、地盤が強く、安全なものになったことを報告します。








地盤保証
財団法人住宅保証機構
一般社団法人住宅技術協議会 
一般社団法人全国住宅地盤協会 
株式会社地盤審査補償事業 
ジャパンホームシールド株式会社 
株式会社GIR 
当社は、住宅瑕疵担保責任保険法人が運営に関与する地盤保証制度、または推奨する地盤保証制度のどこを利用されても、地盤調査から保証まで迅速に対応いたします。
アスム建設
株式会社アスム建設
本社 石川県金沢市無量寺3−35 TEL076-267−5355 E-mail:asm@a-s-m.co.jp